ウインレーシング 馬探し

[WIN]残口検討 Part.1

ウイン17年産の募集締め切りが1月末ということで残口馬をざざーっと改めて見ていこうか、と。頭の中の整理も含め。

現状の15年、16年世代の成績は奮っていないのでそんなにポジティブには考えられないですが、それでも育成がブレーキにならなさそうな馬というのを探していければと思います。

12月終了時点で様子見していた馬は

全然絞り切れておらず、むしろ出資判断を先送りしていただけで、そろそろ○×つけないと、という感じ。この馬を中心にとは考えてますが、一応ゼロベースで全部見てみようかなと思ってます。

●募集番号No.1 アクティビューティの17

(2019/1/19)

ホームラン級のOP馬は多くないキンシャサノキセキ産駒ですが、適性が芝ダートの短距離に適性があり、ちょうどノーザン系の馬たちが手薄なレースが得意なため、非ノーザン系生産馬のお助けマン的な種牡馬。

ダートでの勝利数も多い
キンシャサノキセキ産駒の獲得賞金上位は非ノーザン系牧場が並ぶ

母アクティビューティもダート中距離で実績を残した馬で、本馬もダートで活躍してくれたらな、と期待は膨らみます。1/14現在、馬体重485kg、体高159cmでダート路線に入っていくにしても申し分なく胴も伸びてきて良い馬体。

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「以前より気持ちが入りやすくなってきましたし、やればしっかりと動ける馬でもあるので、追い切りはこの中間はあまり行っていません。それでも、普段の調教ではそれなりに速いキャンターをこなしていますし、調整は順調です。もともとレベルの高い馬なので大きく変わった印象こそありませんが、着実に成長していますよ」と話していました。

早い時計を出しまくって、動く動くと褒められていた馬が軒並みダメになっていたのを考えると、じっくり乗り込んで体力強化の方針に早い段階で切り替わってきたのはいい傾向と思うんですよね。

募集番号No.2 オメガラヴィータの17

(2019/1/19)
(2018/6月募集時)

募集時に比べるとメリハリのついた馬体に変わってきてアイルハヴアナザー産駒っぽいトモの形に変わった印象を受けました。まだまだトモが足りなさそう。

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「繊細なところがあり、些細なことにも反応してしまいます。テンションも高く、もっとどっしりしてもよさそうです。体力面もまだ物足りず、身のこなしが硬く、動きももうひとつ上向いてきません。とはいえ、この馬なりにはしっかりとしてきていますし、今後の成長に期待したいと思います」と話していました。

精神面、体力的に足りなさそうで出資は厳しい。「この馬なりには」って便利な言葉。

●募集番号No.3 グランクリューピサの17

(2019/1/19)

11月の更新から急によく見えるようになり様子見してた馬。馬体重446kg、体高152cm(1/14現在)

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「この中間は放牧休養を挟みましたが、寒さが厳しい影響もあり、馬体重はあまり増えませんでした。それでも、休養明け後の調教からスピードがあるバランスの良い走りを見せていますし、馬体の成長が追いついてくれれば、さらにもう一段階上の走りを見せてくれそうです。これから暖かくなればもっと良くなりそうですよ」と話していました。

まだまだ腰高、遅生まれなので大きくなりそうなのと、晩成血統だと思うのでサイズ的には問題ない部分まで大きくなりそう(大きくなって)と思ってはいる。今回の放牧では冬場というのもあって大きくならなかったので、今回の調教でちょっと減りそうですが、奥行きのある馬なのでとにかく壊れないよう大事にいってくれれば結構面白いと思うんです。

配合的な裏付けはあってあとはクラブの育て方、使い方とこの馬の成長曲線がケンカせずに行けば…。

●募集番号No.5 ケイティローレルの17

(2019/1/19)

夢は一番ある血統だと思うのですが、その期待とは裏腹にクラブ側から出てくるのは、今はまだ足りないよ、というもの。

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「見た目の体つきはしっかりと映りますが、中身がまだ伴ってきません。大型馬でスッと動けるタイプでもなく、成長曲線もここまではかなり緩やかな印象です。それでも、最初の頃に比べれば調教で動けるようになってきましたし、この先も時間をかけながら徐々に良くなってくるタイプだと思います」と話していました。

今のタイミングでジャッジするのがかなり難しい。僕には奥手なのか、足りないのか判断が難しいです。

●募集番号No.10 コスモマーベラスの17

(2019/1/19)

初仔から8連続牝馬で、待望の牡馬。上の牝馬8頭は中央で2勝、この馬も父アイルハヴアナザー でパッと見手は出せなさそうな馬ではありますが、全姉ウインジェルベーラが函館2歳S2着、全姉ウインアルビータが未勝利戦2戦連続2着と勝ち上がり目前なのを見るとコスモマーベラスとアイルハヴアナザーの組み合わせで牡馬になった今回、買いどころなんじゃないかなと思います。

アイルハヴアナザー×フジキセキはサンプルは少ないんですが7頭が中央でデビューし、4頭が勝ち上がりで勝ち上がり率57%、勝ち上がった4頭はいずれも1000万下条件上がっています。今日、アナザートゥルースが1600万下を勝ちOP入り。

もちろんアナザートゥルースの場合、母キョウエイトゥルースのスゴさというのはあると思いますが(小声)。

この組み合わせの血統的な裏付けが僕の知っている範囲内では考察ができなかったので、そこまで自信はありませんが、全姉2頭の存在とそれが今回牡馬に変わったから良いんじゃね?くらいのふわッとしたガバガバな考察しかできてません、まあ、ええんちゃいますかね。

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「この血統らしく走る方へ気持ちが向かず、集中力を欠くことがありますし、悪さをしようという素振りを見せることもあります。また、体力、筋力とも不足気味で、馬体の成長もまだもうひとつといった現状です。それでも、坂路の2本目でもこの馬なりにはしっかりと上がれるようになっていますし、もう一段階成長してほしいところですね」と話していました。

2017年1月20日(金)※ウインジェルベーラの同時期
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。年末、年始も坂路で乗り続け、この中間は追い切りも消化しており、順調に調整が進んでいます。牝馬の中では追い切りでもトップクラスの時計を出しており、ここへ来て動きが変わってきた1頭です。担当者は「坂路2本の調教で体力がついてきたのか、動きがガラッと良くなりましたね。長所は、牝馬にしては馬格があるので、しっかりと稽古ができるところ。血統的に心配していた気性面についても、この馬は今のところ何の不安もありません。母はオープン馬ですから、もっと子供は走っていいはずですし、この馬格、精神面なら遂にいい子が出たのではないかと期待が高まります」と話していました。  
馬体重460kg。 体高153cm。(1/20現在)

同時期の姉と比べても現時点で430kgしかないし思ったほど大きくなって来なかったのは非常に残念ですねー。

●募集番号No.11 サクセスストレインの17

(2019/1/18)

完全ノーマークのゴールドシップ産駒。母は2歳重賞を勝った馬で初年度から新潟2歳S3着のゴールドストレインを出して中々ポテンシャルのある繁殖だと思います。ここ最近は中央で勝てる馬は出せてないので、そこを自分としては敬遠したように記憶しています。血統配合的には、母方にノーザンテーストがいて、ゴールドシップ産駒の緩さを締め上げるには良いクロス。

ステイゴールド系の成功配合はノーザンテーストのクロス

また、凱旋門賞馬サンサンを起点とし、ノーアテンション(スーパークリークの父)、メジロマックイーン、コジーン産駒なのにBCターフを勝ったティッカネン、そしてゴールドシップの名前を見るとバッリバリのスタミナ色が強い配合でどこまでもバテない見ないな馬を想像してしまいます。

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「まだ目立つほどの存在ではありませんが、体力がついたことで、徐々に動きが良化してきました。兄姉と比べても一番おとなしく、性格の素直さが良い成長に繋がっている印象です。体つきには幼さが残っていますし、まだまだこれから変わってきそうな雰囲気です」と話していました。
馬体重441kg。 体高157cm。(1/14現在)

10月にCVFで見たときもかなりおっとりしていて、超がつくくらいマイペースだったのを覚えています。ここから幾分か良化は期待できると思うんですが、単純にあんまり欲しいと思わないのでパスです。

●募集番号No.13 サマーソングの17

(2019/1/18)

これを書いている時にはすでに満口になっているかもしれないのでささっと笑。馬体は良いけど問題はメンタル面と全身の使い方。

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「気持ちが入り過ぎる面があるため、屋内運動場での騎乗運動で小休止する日も挟みながら調整を行っています。とにかく動きは良いのですが、我慢を覚えることが課題で、もう少し人とのコンタクトを取れるようになってもらいたいところですね。また、相変わらず頭も高い走法なので首を使えるような走りになればベストでしょう。馬格もありますし、あとは気持ちの問題だけでしょう」と話していました。
馬体重458kg。 体高159cm。(1/14現在)

気性面は去勢も選択肢の一つとして笑。全身運動ができればある程度距離はマイルとかでも行けるかもしれないですが、ガーッと走ってしまうのが矯正されないと中々厳しいかもーって思います。この辺をCVF育成でどうにかお願いします。飯田雄二厩舎なので出資はしたいですけどね。

●募集番号No.16 ベストファッションの17

(2019/1/18)

中々大きくなりませんね。50キロくらい大きくなれば…

2019年1月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者は「身のこなしが柔らかく、素軽い走りで、反応も良く、動きに関しては現時点で特に注文がありません。ただ、馬体は相変わらず線が細く、体重も増えてこないように、課題はそこだけですね。あと50キロほど馬体重が増えてくれればいいのですが。この動きに馬体の成長が伴えばかなり楽しみな馬になりそうですよ」と話していました。
馬体重425kg。 体高156cm。(1/14現在)

50キロほど馬体が増えてくれば…増えるんやろか。

Part.2へ続く

⬇︎ポチっとお願いします⬇︎





CATEGORIES & TAGS

ウインレーシング, 馬探し,

Author:


  1. cy より:

    こんにちは,
    残ってるシップ産駒の中では,サクセストレインが1番良いみたいですよ.一応中の人からの情報です.

    • cyさん
      コメントありがとうございます!
      サクセスストレインいいんですね!デビューが楽しみです。
      今年は仮説を持ってゴルシを買ってみました、選んだほうも走ってくれれば良いのですが…笑

      • cy より:

        返信ありがとうございます.
        差し出がましくすみません.

        あくまで,残ってるシップ産駒の中では悪くない,というくらいみたいです笑.
        遅生まれなので,これからに期待,という感じだと思います.
        アクティビューティは評判通り動き良いみたいです.高いですが笑.

コメントを残す

関連記事

  • 48,409 view

アーカイブ

カテゴリー

今後のイベントはありません