ノルマンディー

ノルマンディー連続する満口御礼の影で

ノルマンディーの26頭の募集馬

10月の中旬から募集がはじまりましたが、すでに13頭、50%が満口に。

先行募集の感じを見ていると、去年よりは落ち着いて様子見はできるのかなー?と思っていたものの、

ノルマンディー勢い変わらず!!

でしたねw

非ノーザン系クラブの中でも(僕がその中にいるからかもしれませんが)SNSで情報共有が多いクラブだと感じています。

それだけ募集馬の情報に触れられやすい環境にあると加速度的に売れていくので、「売れる仕組み」が自然と出来上がっているのだと感じます。これで今以上に競走成績が上がればもっと人気のクラブになりそう。

そう感じております。

 

もちろん全体として成績が低迷した15年産はあれはあれとして、あのまま落ちていくということはないでしょうし、競走馬の成績=グループの売り上げにもっとも相関するパラメーターですので、ここを放棄することは絶対にありえないですね。

と、なればすぐになのか、数年経ってなのかわからないですが、成績改善に向けて取り組みは行うでしょうから、きっと15年産が底である程度の水準までは戻る、と期待してます。

 

と、僕を含め信じている会員さんの期待の現れがこの売れ行きでしょうから、ノルマンディーには日高の星として頑張って欲しいですね!

 

で、少し現実に目を戻しますと…

平日の火曜日に、一挙ノルマンディーの15年産居残り組が大挙して出走しました。

●笠松2Rコーラルフィーユ2着

●園田7Rデスティニーレイ優勝

●園田9Rラズワルド9着

●船橋2Rカシャーサ6着

●船橋3Rディオブルネッタ2着

地方出戻りを目指す5頭、地方初戦を迎えた馬、2戦目で見事勝利となった馬、などなど。

デスティニーレイが初優勝、年内にあと1勝で中央復帰でしょうから次で決めて欲しいですね。他にも惜しい馬もいたりして明暗が別れました。

中央の500万条件で太刀打ちできるか、というのはまた置いといて、各馬地方競馬の馬場への適性もまちまちで、能力はあっても適性の関係で勝てない馬が中にもいそう。そういう部分では、しっかりと中央で勝ち上がる大切さってあるな、と思いました。

まだまだ中央へ帰る切符を得るための戦いは続きますが、怪我だけはしないよう、それで頑張って欲しいなと応援しております。

 

ノルマンディー頑張れ!!

⬇︎ポチっとお願いします⬇︎





CATEGORIES & TAGS

ノルマンディー,

Author:


コメントを残す

関連記事

  • 30,331 view

アーカイブ

カテゴリー

  • 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII) 2018年11月17日 東京競馬場
  • マイルチャンピオンシップ(GI) 2018年11月18日 京都競馬場