ウインレーシング

ウイン2次募集ツアーRewiew後半[No.34-36,1,4,19]

ウインの2次募集ツアーのレビュー後半です。

基本的にはヨシヒロ社長の展示時のコメント+僕の私見という形でまとめてます。

 

●ベイビーローズの17

血統背景は違うがテンダネスと歩様や雰囲気は似ている。一般には評価は高くないのだと思うが、この芯の通った動きは評価している。

セリ値から大幅に募集価格は上がっての募集となってしまいました。動き自体は悪くなさそう。ただ、この血統背景なので、安く出してくれた方が出資はしやすかったと思います。

冷静に思い返せば展示の時のコメントってカタログとほとんど一緒なんですよね笑。細かいニュアンスやトーンは伝わるものはありますが。

で、ベイビーローズの17に対する各スタッフさんの評価は概ね普通でした。あまり注目はされてないのかな??テンダネスとは血統背景も違うので同じとは思いませんが、これはこれで馬体も動きも良く、実は気になっている1頭です。

ただ、値段的に安馬のロマンを感じたいところだったのでちょいと高いんですよねぇ。

 

●リヴァリーンの17

セリの時の印象より硬め。ストロングリターンはやや硬く短距離よりになっていくが、母父グラスワンダーの血は柔らかくて力の強い筋肉なので、その部分で合いそう。距離はマイルくらい。

ロベルトの血と至極相性のイイCVF、BRFです。そこまで大外れはしなさそうな気も。

厩舎で見たときも大人しく手はあまりかからなそうな印象を持ちました。馬体もしっかりしていて大きくなりそうな印象。

宮厩舎です。

 

●レッドマシェリの17

チアフルよりもリアルインパクトっぽい。それでも手元が軽くいい馬。牝馬なので馬格がある方がいいと思って華奢ではない馬を選んだ。もしクラシックや先々を目指すなら腹袋があってがっしりしている馬を選んだ。

筋肉量とがっしりとしたフレームが褒められていました。正直こっちの方が馬体の繊細さはディープっぽくうつります。ディープはわかりません!笑

この馬を褒めるスタッフさんもいました。兄弟の成績や繁殖成績などは考慮せずにぱっと見の馬体の好みだそうですが。

 

●アクティビューティの17

ここ数回の近況更新時の写真を見てもらってわかるようにどんどん馬体が成長し良くなっている。体全体が変わっている。筋肉のつき方が全然違う。

売りたい感じがひしひしと笑。

実際いい馬だと思いますし、この値段するのも納得。

 

●グレートキャティの17

ウインオスカーだドンドコドーン!!母の産駒はどれも見栄えし、馬格もあって、でも調教をあまり走らない、動けないというタイプが多かった。この馬は動けているので今回連れてきた。

今年の募集はスクリーンヒーロー産駒が一つのトレンドのように感じます。この馬も牡馬のスクリーンヒーロー産駒の中ではあまり売れていない方でした。ですので販促的な意味合いもあって連れてきているとは思います。

馬体を見てもしっかりとしたトモ、ケツをしていて、なかなか見栄えします。もともと新規でコスクリが買えなかったのでこの馬を一応様子見をしていましたが、実馬を見て確かにイイなと思う反面、母高齢でやっぱりネガティブな面も。

なので出資には慎重になりますが、おそらく週明けには多少口数は減るんじゃないですかね。今244口、これがどこまで減るかと次回の更新で動けるようにはしておきたい。

あまり褒めたくないです、様子見したいです。

 

●アオバコリンの17

満口になっているゴールドシップ産駒を持ってきてもしょうがないので残っている馬の中からこの馬を連れてきた。跨ってみると意外とスパッと動ける。

牝馬のゴルシ産駒、ゴルシよりもステゴっぽいみたいです。ゴルシもわからん!でも一番良く見えたシュフルールが順調のようで、今の所はあのシュフルールの感じをなぞっている馬を買うのがいいのかなと思っている節も。

ゴルシで次に買うならこれってニュアンスで連れてきたんだと思います。

 

と、いう形でザクっとまとめました。何より展示の様子は動画を見てもらったらと思うので

置いておきます!!笑

 

以上、良き馬が見つかりますよう!!

 

⬇︎ポチっとお願いします⬇︎





CATEGORIES & TAGS

ウインレーシング,

Author:


コメントを残す

関連記事

  • 30,333 view

アーカイブ

カテゴリー

  • 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII) 2018年11月17日 東京競馬場
  • マイルチャンピオンシップ(GI) 2018年11月18日 京都競馬場