ウインレーシング 馬探し

[ウイン]’17年産2次募集を考える

カタログ、そしてYouTube上にはウインの2次募集の動画が公開されました。来週末のツアーに向け、情報を整理しとこう。

・全部で8頭が募集(牡馬7頭、牝馬1頭)

・全てサマープレミアム、サマーセールからの募集(=非CVF生産馬)

 

PDFを1つのファイルにまとめました。ダウンロードはこちらから

 

No.29シャドウリングの17

●グランプリボス2世代目

●藤沢牧場の牧場長は圧倒的にノルウェーノモリよりシャドウリング推し

●足元がスッキリしていてトモがよく伸びる

●1300万円のお手頃感

不気味に藤沢牧場さんが推してきはるのが凄い気になるよね。

 

ね?

 

No.30シャンパンセラーの17

●全体的に迫力のあるハリのある馬体

●この母の子はサイズが大きく出ているのが走る条件

●ダートっぽい歩き方

セリで買った時から印象変わらず良い馬ですね。あまり各方面からの評価はいまいちのようですが、写真を見た感じではこの馬が個人的には一番好み。関東所属になったのは残念ですが、様子見できるなら様子見したいです。

 

No.31チアフルの17

●リアルインパクト初年度産駒

●兄弟に2頭のOP馬、4頭が勝ち上がり

●母19歳時の仔、高齢出産

●カタログのクラシックコメントはあかんw

リアルインパクト欲しいマンとしてはマリアヴェロニカ、これ、レッドマシェリのどれか欲しいなーと思っているんですが、今のところの出来を考えるとこれかなーと。

で、クラブの期待感を表すように西園先生のところに預けられるという。これと射幸心を煽るカタログのコメントで人気しそうですよね。

この2次募集の中でも最も高い値段が付いているのも期待値が高いんだろう、と養分思考で行って素直にポチりたくなるんですが、そこは冷静にウインの1次募集や他のクラブの残口馬や今後出てくるであろう追加募集馬と比較=ちゃんと様子見して決めたいと思います。

クラシック目指したいと思って入ったシルクで死体蹴りを受けるレベルでの抽選圧死を受けるとこーゆう手が届きやすいところでよく考えずにクラシック目指すぜうおおおおおってゆうのは養分以外の何者でもない。と思ふ。

であるならば、この馬でどこを目指すか?もちろんNHKマイルじゃー(養分)

 

No.32ノルウェーノモリの17

●人気のシニスターミニスター

●血統表にシンコウラブリィ

●珍しいディープスカイ肌

●ダートの中距離を射程に入れる血統構成

人気のシニスターミニスターでシンコウラブリィの血を引く良血馬。ダートでの活躍馬を多くだすディープスカイやダートの名血フォーティナイナーの血をシニスターミニスターで仕上げるという、ダートの長距離砲担ってくれたら良いなという期待を抱く1頭。それとは裏腹に馬体はスッキリ見せてあまりがっちりはしてないのですが、

ノルマンディーのホマレの例で申し訳ないのですが、ホマレでも募集当初は薄いトモで割と小柄な馬でした。カタログにあるシニミニの走る馬≠筋骨隆々タイプというのは変に納得。いや、まだ1勝のホマレの例で申し訳ないですが。

というのもあって、別にこれはこれで良いのかと。逆にこれが一番良いよねという声に乗っちゃうのもアリかな、なんて思うんすよね、多分これが一番人気なんじゃ?厩舎もゼノビアの青木先生で良いイメージしかない。

 

No.33プリティガールの17

●ブレスジャーニー以降の大物誕生なるかバトルプラン産駒

●動きや筋肉の感じはバトルプランというよりは母父アドマイヤマックスの影響が大きそう

●全兄は門別でデビューし入着

あまり人気にならないと思うバトルプラン産駒。ただ動画の動きは良いと思います。全身で動けていて全体的に伸びやか、柔らかな動きが印象的。あとは社長の言う「芯力」がどこまであるかですよね。

これとストロングリターンが大穴候補です。

 

No.34ベイビーローズの17

●母父シングスピールの良いところが出てきている(らしい)

●タニノギムレット感はない(らしい)

●安く買えたぜ!→1600万円募集

450万で落として1600万円募集と結構乗せてきたな感。要はこの上乗せ分をこの馬への期待値と信じて出資できるか、そこだと思いますね。

ただ、カタログにあるようにギムレット感がなく、馬体も良いんですよ。で、BRFグループのエース厩舎の畠山先生。良いんでしょう。

非サンデーの馬がどこまでやれるのか、日高魂、と言うよりはウイン魂なんでしょう。ウインテンダネスの名前出すかねぇ。

 

No.35リヴァリーンの17

●宮厩舎

全てはここである。

筋肉が柔らかく後ろ足の送りなんかも大きく歩様はかなり良いと思います。ストロングリターン×グラスワンダーで見るともっとゴツゴツしたイメージがパッと思いつくんですが、全くそうではなくすごく柔らかそうと言うギャップ。

が、思考を停止させる宮厩舎。

やっぱキチー。

ちなみに

もっとキチー。

 

No.36レッドマシェリの17

●じ、実質ディープ(かもしれない)

●バネ感、歩くの早い、牝馬なのに筋肉がある

●でも繁殖としては全然なんだよね

繁殖としての能力を個人的に疑問視していて馬体が良い悪いを超えて、ここは消して良いんじゃないかな、と思ってます。

突然変異的に走るかもしれないけれど、自分の中でここまで資金力的にも手が回ってこないのですよね。

困りましたなぁ。良い馬なんでしょうが。

 

と、雑感。

ここから寒くなると毛ダルマになって馬体の変化がわかりにくくなるので、できればある程度この時期に当たりはつけておきたい、ん、で、す、が

正直、そんなにゴロゴロ当たりが転がってるほど優しい世界ではないと思うので、しっかり考えて追加で出資したいなと思います。

 

今月CVF行ってくるので1次募集馬と合わせて比較検討しましょうかね(´∀`)

 

バリ適当なブログ記事ですが最後まで見て頂いてありがとうございます🤗

⬇︎ポチっとお願いします⬇︎





CATEGORIES & TAGS

ウインレーシング, 馬探し,

Author:


コメントを残す

関連記事

  • 20,888 view

アーカイブ

カテゴリー

  • 富士ステークス(GIII) 2018年10月20日 東京競馬場
  • 菊花賞(GI) 2018年10月21日 京都競馬場