ウインレーシング 馬探し

ウイン17年産2次募集ラインナップ公開(前編)

この大型の直撃台風大丈夫でしょうか??

大きな被害などが出なければいいのですが。

(とか書いていてたら直撃して停電してタイムトリップ)

 

そんな中ではありますが、ウインから2次募集のラインナップが公開。

今回、8頭がラインナップ。全てサマーセールで落札した馬がリストに入る形となりました。

サマーセールに関するブログ記事

11頭から8頭ということでほぼリストに入ってきました。ウインの社長のインスタでは12頭て言ってたけど、CVF名義では11頭 。残り1頭はどの馬のことだったんだろう??

落札した馬と見比べるとストロングリターンの片方とエイシンフラッシュ産駒、モンテロッソ産駒は今回募集がかからず。

モンテロッソのあの馬なんかは幼くて小さかったので成長したら募集されるんでしょうかね。

リアルインパクト産駒絶対欲しいマンとしては3頭と選択肢が増えたこと自体は素直に嬉しい。

 

シャドウリングの17 牡馬 600万円

<8月20日展示時>

グランプリボスの評価が高いのか、中にグランプリボス大好きマンがいるのかわからないですが今年も1頭。今年の2歳がデビュー産駒になりますが、中央ではまだ勝ち星なし、地方で1勝と今の所そこまで目立った成績では無いものの、まだまだわからない部分はある。

体高:154cm 胸囲:174cm 管囲:20.3cm
馬体重:410kg(8月20日時点)

例のリアルダビスタの藤沢牧場、エバーグリーンさんの所の馬なんですね。

エバーグリーンさんの埋まってよく見える馬が多く、本当に手入れがしっかりされてるんだろうなーって思います。

ちなみにクグロフ、モーラ、サワヤカフェスタもエバーグリーンさんコンサイナーのようです。

 

シャンパンセラーの17 牡 520万円

これはお馴染みのロージズインメイの産駒。全体的なバランスとかは好きです。兄弟はほどんどサマーセール・オータムセールに上場されていて画像が出てきたので参考までに。

グランパスコンサル(父ヨハネスブルグ)6月に名古屋競馬でデビュー戦勝ち

スターオオクリカラ(父シニスターミニスター)園田で1勝
タイセイレグルス(父アルデバランⅡ)中央1勝

おそらく最もポテンシャルの高かったのがタイセイレグルス。競走中止で亡くなってしまったのが惜しい。

尺はどうなんかな、ここ何頭か小さいサイズの子が続いているのでこの馬が大きく出てくれてたらいいなと思いますね。

ベリーフvsシャンパンセラーです(´∀`)

 

 

チアフルの17 牡馬 900万円

リアルインパクトがこの世代は3頭がラインナップということで、最高かよ。

アドマイヤリアル、ミッキーチアフルという活躍馬の下です。兄弟合わせて4頭が中央で勝ち上がりの優秀な兄弟に続けるか、というところ。

リアルインパクトという時点でポチです(*⁰▿⁰*)

 

 

うそです。

でも3匹のリアルインパクトの中ではコレが一番好きです。

 

 

 

ノルウェーノモリの2017 950万円

今をときめくシニスターミニスターがついにウインに登場。ノルマンにいるとこの辺やサウスヴィグラス産駒を目にする機会が多かったわけですが、何気にウインでは初めてラインナップされるっぽいです。

初子で配合的には非常に好きな組み合わせ。まだ全体的にひょろっとkていて、アクティビューティの17やケイティローレルの17なんかの馬体と比べると見劣ります。

ただシニスターミニスター産駒は幼少期からマッチョマッチョするイメージが無いです。インカンテーションやマイネルバサラの募集時の写真を見てもトモ迫力はそこまで無いものの、ヨロの筋肉だけはしっかりしているということで見ると…です。

実際に育成の家庭で馬は変わってくると思いますのでその辺はチェックしていきたいなと思います。

 

後半に続く

⬇︎ポチっとお願いします⬇︎





CATEGORIES & TAGS

ウインレーシング, 馬探し,

Author:


コメントを残す

関連記事

  • 30,331 view

アーカイブ

カテゴリー

  • 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII) 2018年11月17日 東京競馬場
  • マイルチャンピオンシップ(GI) 2018年11月18日 京都競馬場